FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制女性化 JK編 香島優華4

No.4 アヌスの調教・・・
は住み慣れた家を強引に引き離され、亜美の家へ連れてこられたのだ。
そして地下室へ案内されると鉄格子の部屋がある。
亜美は大きなカギを手にしてその部屋を開けた、そして・・・

「さあ優君・・・いいえぇ、今日から貴女優華よぉ・・・香島優華・・・あたしの旦那様・・」
「・・・・・・」
「パパが貴女とあたしを一緒にしてくれたわぁ・・・貴女はもうアタシの物・・・もう、誰にも貴女を触らせないわぁ・・・あたし、ひとりのものだわぁ・・・」
「・・・パパって・・・あの人、ママじゃあ・・・ないの?」
「パパはぁ・・・ニューハーフなのぉ・・・趣味が高じてねぇ・・・それが原因でママと離婚したのよぉ・・・そんなこと、どうでもいいでしょ・・・今日から貴女はここで女の子になっていくのよぉ・・・あたしの可愛いお嫁さんになるのよぉ・・・」
「・・・お嫁さんって・・・僕は男だ・・・お嫁さんにはなれないよ・・・」
「大丈夫よぉ・・・パパがうまくやってくれるわぁ・・・貴女が新婦、あたしが新郎・・・うふふぅ・・・どう?・・・嬉しいぃ?」
「・・・狂ってる・・・君たちは狂っている・・・」
「あらぁ・・・不満なおぉ・・・でもぉ・・・現実はぁ・・・逆転夫婦・・・あたしは女の子のままだけどねぇ・・・」
「・・・でも・・・もし・・・流産でもしたら・・・」
「それは大丈夫よぉ・・・貴女の子種、たくさん冷凍保存してあるわぁ・・・何度でもアタシは貴女の子種で妊娠できるわぁ・・・」
「・・・あうぅ・・・」

亜美は言い終わるや否や、の首筋にスタンガンを当て、そしての意識は一気に飛んだのだった。

気が付くとの両手は高々と頭の上で“ばんざい”しているように縛られ、さらに両足首もその外側で固定されていた。
のオチンチンとお尻の穴は誰からも見えるように晒されていたのだった。

さらに亜美の隣には豊満な乳房を晒し、ショーツだけの亜美父親?が立っている。

「今日から貴女のお尻の穴はママが調教してくれるわぁ・・・ママのオチンチンが入るようにねぇ・・・ママのオチンチンが入るようになれば貴女も女の子よぉ・・・」
「・・・いやだぁ・・・そんなの嫌だ・・・」
「大丈夫よぉ・・・すぐ気持ちよくなるからぁ・・・男のオチンチンが欲しくなるからぁ・・・」
「・・・うっ・・ううぅ・・・」

「さぁ‥ママ・・・始めて・・・あたしは勉強するわぁ・・・」
「任せておいて・・・さぁ・・・優華ちゃん、これからは私のことを“哀子様”とお呼び!・・・漢字は・・・哀しい子・・・神様の勘違いで女の子なのに男の身体を創った悪戯・・・哀しいわ・・・だから哀子・・・」
「・・・・」


そう言うなり、哀子様の指がの排出器官である肛門に触れてきたのだ。

「いいこと、優華ちゃん、これからはここでオチンチンを受け止めるのよ・・・それにはもう少し穴を大きくしないとね・・」
「えっ!・・・ひぁん・・・そ・・そんなところ・・・くひぃ・・・汚いですぅ・・・」


は無防備な菊華を弄ばれている、さらに哀子様は白魚のような指の腹で
の菊蕾をなぞり・・・・・
指の腹で十分堪能した後、菊壁を捲り上げるように押し開いたのだった。

「・・・アアッ・・・い・・いやだぁ・・」

「暴れるな!またスタンガンで気絶させるぞ!」

哀子様は苛立った野太い男の声で叱責するのだった。

はスタンガンの恐怖に怯え、振り乱していたお尻の動きを懸命に止めようとしたが、どうしても身を引いてしまう。

「まぁ・・なんて綺麗なアヌスなの・・・自分では見たことないでしょ・・」
「そ・・そんなの・・・見たくない」
「見せてあげるわ、貴女の綺麗なアヌスを・・・この処女のアヌスを写真とビデオに撮って、排出器官が男を知って、快楽器官に変わるのを記録しないといけないし・・・ね」
「ああ・・・っ・・・嫌だぁ・・」

「嫌じゃあないでしょ・・・貴女がこれから女の子になって、男の人の愛を受け止めるのはここしかないのよ」
「そんなぁ・・・」


“ぴちゃっ・・”

哀子様の舌がの菊蕾をひと舐めする。

「ひゃっ・・・」


初めて知ったアブノーマルな感覚には混乱した。
哀子様の双臀を両手で掴み、臀部をさらに押し開いたのだ。
さらに最初は菊蕾の周辺を円を描くように舌先で舐めまわしていたが、すぐに肛門の皺の上を刺激しだしたのだった。

哀子様の唾液が皺に染み込み媚肉が熱を帯びてきた。

「んんんん・・・っ・・」


倒錯的な快楽には息を止めて抵抗しようとした。
しかし、哀子様の巧みな舌の動きは、
の身体から快楽を引きずり出してくる。
お互いの摩擦により肛門括約筋がジンジンと熱くなってくるのだった。

“ん・・・ああぁ・・・ひと思いにアヌスを舐めてください、哀子様!”

歯を食い縛らなければ、陰欲に満ちた言葉を思わず口にしてしまいそうだ。

“ああぁ・・・なんて・・気持ちいいんだ・・・でも、お尻の穴で感じちゃうなんて・・・変態だと思われる、しっかりしないと・・・ああぁ…やめてよ、哀子様・・・おかしくなっちゃうよ・・・しっかりしないと・・・ああぁ・・”

は自分を励ましたが、その思いとは裏腹に鼻にかかった喘ぎが漏れてしまう。

「あふぅん・・・あう・・あうぅん・・・」

はもどかしい感覚の中で無意識の内にお尻を振っていたのだった。
哀子様の浅ましい本性を見抜いたのか、オチョボ口のようにもりあがった菊蕾をくちびるではさみチュッチュッと吸引し始めたのだ。

「んん・・・んひぃっ・・・」

オチンチンの奥から暖かい汁が流れ出てくるのを感じた。

「ああぁ・・・も・・もう・・」

錯乱したようには呷きだし、哀子様はしっとりと濡れた菊華を吸引し続けたのだ。
傍から見ればがお尻を突出し哀子様に押付けているように見える。
上下の唇でコリコリした菊蕾を転がされ、さらに舌先で触るか触られない微妙なタッチで刺激される。
次第に自分の欲情の塊に気付かされた、それは十六歳になったばかりのにとっては認めたくない事実だった。
排出器官を舐められ、オチンチンを勃起させ我慢汁を溢れさせるのは正常から逸脱した反応であり、変態的な性奴に落ちていくの第一歩だった。

yuuka1
“お・・・女の子にされるんだったら・・・
   可愛い女の子にされたいな・・・・・“



《続く》

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

megumi2001

Author:megumi2001
仕事・家事・執筆・・・・忙しく動いています
家事は・・・新彼と同棲中・・・・なので
更新、遅れ気味で・・・

長い目で見てください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。